青田買いをする企業の8個の方法とは?

jkon 23 ビュー | 2019/01/02

 

青田買いをする企業の8個の方法とは?

よくスポーツの強い高校が間にエージェントなどを入れて有力選手を青田買いしているという噂は聞きますが、実は膾炙でも青田買いが行われているのです。

なぜなら、最近の企業は教育という点にあまり力を入れていないのです。

要はイチから教えても相手がしっかりすべて覚えるまでに時間を要してしまうからです。

それよりかは能力の高いの人を雇って、教育の時間を少しでも省きたいと思うのが企業の本音です。

そのため、最近では青田買いが頻繁に行われています。

実は、今あなたが働いている企業でも青田買いが行われている危険性が高いのです。

能力が高い人を求めるのは、企業としては当然のことではと思う人もいらっしゃるかもしれませんが、確かにそうです。

しかし、これは自分たちが面倒くさいことをしたくないという願望のもとに行われているのです。

つまり、裏を返して言えば、履歴書や面接などだけでは相手のことを見破れなくなってしまったということです。

相手が猫をかぶっているかもしれないことに気づけないのです。

それだけ志願者が優秀になってきたのかと言いますと、そうではありません。

要は、採用する側がしっかり相手を見れなくなったのです。

近年の経済状況などから相手のことまで考えられるなくなってしまったのです。

要は自分のことで精いっぱいなので、相手のことを見る機会がなくなったので、履歴書や面接だけでは見破れなくなってしまったのです。

そのため、優秀な社員のツテなどを利用して青田買いが流行ってしまっているのです。

最近では求人募集を大きく行わず、うちわで行っている企業が多いのです。

このことが進みすぎると、ある意味縁故採用だけの企業が増えてしまうので、悪い言い方をすれば、キャパシティのせまい会社が増えてしまう恐れがあるのです。

ある意味、今は世界を広げないといけないという考えになってきているのに、なぜか日本は逆の方向に進んでしまっているのです。

そこで今回こちらの記事では青田買いに関することの情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、あなたにとってよりよい生活を目指していただきたいと思います。

特に採用する側になっている方ですでに青田買いをされていらっしゃる方がいましたら、ぜひ、参考にしてあなたの会社にとってどこまで青田買いでいけばいいのか考えるきっかけにしてほしいと思います。

青田買いについて賛否両論ありますが、現代ではあまりに活発的になってしまっているので、それが一般人にまでわかるようになってしまっていることが問題なのです。

ある意味、一般人に知れていることで、一般人の方の未来の選択肢を狭まめてしまっているのです。

青田買いの正しい使い方も同時に覚えて頂けたらと思います。

青田買いを始める企業が続出!その方法とは?

青田買いを始める企業が続出していますが、もっとも多いのがインターンです。

学生の時に短くて数週間、長くて半年など期間は様々ですが、スタッフとして会社に勤めて仕事を経験するといったプログラムです。

一昔前は意識の高い学生がするようなものだと思われていましたが、現在では、ほとんどの学生がインターンを行っています。

ある意味、インターンをしない学生が珍しいほどになりました。

企業としても学生のうちにインターンをしていただいて、会社を知っていただくことで、あとで採用をしやすいといった感じになっているので、インターンの受け入れを活発に行っています。

さらにインターン以外では、学生のうちにアルバイトとして雇ってしまうパターンもあります。

要は、企業側も能力の高い学生を早いうちに囲い込んでしまうことをしているのです。

いざ、採用と言うときにあまり時間をかけたくないのでそうやっているのです。

その上はあらかじめ内定を約束させておくことなどです。

最近になって再び、就職活動のルールがなくなったので、以前よりも内定を早く持ってしまう環境が出来上がってしまう危険性があります。

さらにひどいのが縁故採用ですが、いわゆるコネ採用です。

コネを持っていない方には大きく不利になってしまうものですが、実はコネというものは作ることができるのです。

一昔前に、とある出版社が今年度の採用は自社にコネがある人しか採用しないと発表し、多くの学生と学校から非難に立たされましたが、どうしても、そこの出版社に入りたいと考えている学生は、そこの出版社の会社の前に立って、会社から出てくる人に声をかけて友達になっていただけませんか?尋ねるなどしてコネを作ったと言われています。

このようにコネは特殊な人が持つものではないのです。

つまり、青田買いを奥深くまで探っていけば、採用される側も青田買いをうまく利用して、入社したい、働きたいという会社に採用していただける可能性があるのです。

それではまず、青田買いから覚えていきましょう。

青田買いって何?

青田買いって何?

よく耳にする青田買いですが、もともとの意味はまだ稲が青いうちに収穫量を見越して、米を買い取ることです。

これを企業側の採用に合わせると、学生が卒業する前、しかもかなり早い段階で社員採用の契約を結ぶことです。

つまり、能力の高い人材を早いうちに獲得しておくということです。

採用される学生側からすると、早めに採用されておけば、卒業まで自由に過ごせる時間があると思うので、意外と企業側と学生側の思惑は合致してはいるのです。

しかし、かなり早い段階で人生の選択肢を決めさせていいものなのかと言う問題点もあります。

特に2008年に起きたリーマンショックはそのような問題が顕著になってしまいました。

早めに内定をもらっていた学生側に対していとも簡単に内定切りをしてしまった企業が多く続出したのです。

要は逃げるなよと囲い込んでいた企業側が学生から逃げてしまったのです。

突然就活生に戻されてしまった学生からしたら気分は最悪です。

リーマンショックの時はそれが頻繁に起きたことで、それがのちのブラック企業と言う言葉につながってしまったと言えます。

大体この青田買いが如実になってくるのは景気が潤っているときなのです。

絶好調なので、企業も能力の高い人を欲しいという気持ちを前面に出してしまっているのです。

しかし、景気の変動によって企業が簡単に手のひらを返してしまうこともあるので、実は必ずしもプラスに働くとは限らないのです。

中には採用しただけで全く面倒見ずに、使えないとわかったらあっさり退職に追い込む企業もいるほどです。

早めに就活生を卒業できると思っている学生さん!世の中そんなに甘くはないですよ。

使い方

いい人材を早めに獲得しておくことを言います。

要は、いい人材をゲットしたと言うと、また、青田買いをして獲得したなと思ってしまうのです。

要は、あまりにも内定を早くもらっている人がいらっしゃいましたら青田買いされた可能性は非常に高いのです。

使い方的には、企業が採用をしたときや、学生側であまりにも早く採用されたときなどの場面に起きます。

ただ、使い方としてはあまりプラスな感じでは使用されていません。

特に零細企業などは、大手企業しかできないことと言った感じに冷たい感じに見ているのです。

逆に零細企業側はいつでもいいから誰でもいいから来てくれと言った感じになっているのです。

主に青田買いが流行しているのは、大手企業に多いです。

特に採用して優秀な社員のつながりなどから採用していくケースが多いです。

なぜなら、大手企業はある一定程度まで行くとそこからあまり変化をしたくないと考えるのです。

要は、あまりにもかけ離れたことを想像するような社員を雇うことを極端に嫌うのです。

そのため、就職ガイダンスなどでは、就活生に向かって、履歴書はラブレター、面接は告白などと言った感じに教えているのです。

それも間違いではありませんが、このパターンだと猫をかぶって入社してしまう危険性が高いのです。

大手だろうが零細だろうが、しっかり働く人は、自分はこのような人間だということをしっかりアピールして、会社が必要なのかどうか判断させるようにしているのです。

そのパターンで入社すると全然怖くないですね。

同義語

同義語としては、前買いや先行投資などが当てはまります。

要は、誰よりも先にゲットすることを表しているのです。

一昔前からこれが活発だったのがスポーツに力を入れている私立校です。

全国にいる有力な学生を早めにスカウトし、いろいろといい条件をみせて高校に入学させるなどしていました。

挙句の果てには、付属の中学校を作って、中学3年生の時に転学させてそのままストレートに高校へ進学させている高校もあるほどでした。

一時期、特待生問題などでセーブされてはいますが、今でも、私立校は活発にスカウト活動をしています。

なぜ、そのようなことを行うのかと言いますと、あるスポーツで全国大会で活躍すると、学校の宣伝につながるからです。

公立校でも存続のためにスポーツに力を入れていますが、私立の場合、生徒が入学しないと経営に直結してしまうからです。

特色のある授業などを行って生徒を集めようとする学校もありますが、スポーツで活躍する方が抜群のプロモーションになっているのです。

そのため、ある意味、企業よりも青田買いが進んでいます。

また、先行投資と言いますが、かつてバブルの時にそれが流行ったことがありました。

数年後にあの土地は今よりも価値が100倍に膨れがるなどの巧みな言葉に乗っかって、土地を購入された人が多くいましたが、バブルが泡のごとくとけて消えてしまったあとは、その土地など価値はなくなったしまったのです。

このように先行投資という言葉を聞くと嫌な思いをされる方が日本には結構多いのです。

最近では、仮想通貨がそのような感じで、そのことが仮想通貨詐欺に利用されてしまったことがありました。

先行投資は悪いことではありません。

ただ、よく考えて行わないといけないのです。

なんでもかんでも先行投資がいけないということはありませんよ。

青田刈り

青田買いとほぼ変わらないような言葉に聞こえますが、これは残酷です。

ある意味、会社にとって必要だと思って早めに採用していたのに、用済みになったとたん首を切られるということです。

そのため、刈りになっているのです。

終身雇用が約束された日本でそんなことはないと思っている人が多いでしょうが、そんなことがあるのです。

なぜなら、終身雇用などとうの昔に崩壊してしまっているからです。

企業としても定年まで雇う力がないのです。

ほとんどは定年前に辞めさせられるか、転職を繰り返すかのような感じになってしまっているのです。

しかし、日本ではその終身雇用の考え方が強いせいか、一つの会社で最後まで頑張るのを美徳のように教えられます。

しかし、教える側が簡単に切ってしまうケースが多いのです。

学生の中には採用されたから安心と思っている人は多いでしょうが、世の中そんなに甘くありません。

社会に出てから気づきますが、意外と責任を持てない大人が多いことに気づきますよ。

または、平気で人のせいにしてしまう人も多いのです。

中には自分の権力を使って部下を牛じるなど、ある意味恐ろしい世界と言ってもいいです。

立ち向かうものならば、首をちらつかせたりするので非常に厄介です。

採用する側にも、もちろん責任はあるのですが、その責任を背負ったふりをしている企業が多いのです。

また、最近多いのが解雇をちらつかせながら、自主退職に追い込む企業です。

つまり、これから働くうえで大切なのは、ただ働くだけでなく、上からの言葉にも惑わされないようにしないといけないのです。

上に好かれれば問題ないと思っている人もいますが、クビにするときは選んでられないのです。

そのことは頭に入れておきましょう。

優秀な企業の青田買い方法を暴露!

優秀な企業の青田買い方法を暴露!

それではここからは優秀と呼ばれている企業の青田買いの方法などを暴露します。

暴露と言ってももしかしたら気づいていらっしゃる方が多いかもしれません。

実は単純なことから青田買いの競争が始まっているのです。

そう考えると、今後、優秀な企業に入社するには面接対策ではなく、この青田買い競争を制することが必須になってくるのかもしれません。

青田買いと言って聞こえは良くないのかもしれませんが、企業も生き残るために必死のようです。

それぐらい日本の経済状況が良くないと言ってもいいのかもしれません。

かつては、縁故採用と言って、優秀な人の息子や娘、政治家の親戚などある特定の層しか手が出せない領域でした。

しかし、この青田買いはしっかりあなたの考えなどをアピールすることができれば、チャンスなのです。

今までは高学歴などで採用していた企業も、高学歴が本当にいいのかどうか疑問に思ってきているみたいです。

故にしっかりあなたの考えを企業にアピールできれば十分に青田買いされる可能性があるのです。

そう聞くと、実は日常的なことに青田買いの機会があるのです。

それが企業にとっての方法になっているのです。

では、ここからは簡単に考えてまずは青田買いの方法などを学んでみましょう。

 

, , ,

記事:https://www.jkon.com