ちゃんぽんしてお酒を飲むと悪酔い・二日酔いする3個の理由と対策

jkon 31 ビュー | 2019/01/02

ちゃんぽんしてお酒を飲むと悪酔い・二日酔いする3個の理由と対策

私たちが楽しく宴会や飲み会をする時に必ず飲むものと言えば「ビール!」という人もいるかもしれませんが、正確に言うとお酒を飲むという事ですよね。

特に最近の居酒屋などでは飲み放題というものが必ずついており、様々なものを飲んでいるような人も多いのではないかと思います。

男性の場合では焼酎や日本酒をメインに飲んで、女性の場合はカクテルなどが主になっていますよね。

好きなものは人それぞれですが、お酒が全般好きだという人も中にはいます。

よくウコンを飲んでお酒を飲むというような人もいますが、そのウコンを飲む理由というのは、次の日に二日酔いなどにならないようにするための防止だという事はご存知でしょうか?

お酒を飲む人であれば誰でも知っているかもしれませんが、ついガブガブと飲んでしまうような人も多いですよね。

そんな時によくお酒を飲む人の中には様々なものを飲んでしまうような人もいると思います。

例えばビールとカクテルとワインを飲んだり、ワインと日本酒と焼酎を飲むというような人もいますよね。

ビールというのは種類がありますが、その種類を多く飲んでしまい二日酔いをしてしまったり悪酔いをしてしまったというような事があると思います。

その時というのはとても辛い思いをする人も多く、頭痛がするというような人もいることでしょう。

その様な飲み方をするような人をよく「ちゃんぽんする」というような言い方をしますよね。

「ちゃんぽんしないように!」というような言葉などをよく聞くと思いますが、ちゃんぽんというのは一体どの様な意味があるのでしょうか?

この言葉というのは簡単に言えば、様々な種類のお酒を飲むということなのですが、皆さんも飲み会の時というのはいろいろなお酒を飲んでいますよね。

大事なのはお酒の「種類」というようなものがどの様なことかということです。

先ほど言ったワインや焼酎や日本酒といったようなものがヒントになります!

今回はそんなちゃんぽんの意味とちゃんぽんをしてお酒を飲んでしまうと、二日酔いや悪い酔いをしてしまう理由についてお話しをしたいと思います。

よく悪酔いや二日酔いをしてしまうという人は対策などをしっかりと立ててみてはいかがでしょうか?ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

皆さんはお酒をちゃんぽんして飲んだことはありますか?

「ちゃんぽんしてお酒を飲む」このちゃんぽんとは?

ちゃんぽんしてお酒を飲むというのはどの様なことを言うのでしょうか?

この「ちゃんぽん」というのはよく食べ物で「ちゃんぽん」という言葉を耳にしたり、食べたことがあるというような人もいるかもしれませんが、そのちゃんぽんとは意味が少し違います。

ちゃんぽんというのは元々日本の言葉ではなく、ちゃんとした意味があったのです。

今では料理名などとして使われるような事があると思いますが、そのちゃんぽんではないという事だけを覚えておくようにしましょう。

ではどの様な意味なのかを更に詳しく見てみたいと思います。

皆さんはちゃんぽんにこの様な意味があるという事はご存知でしたか?

いろいろなカテゴリのお酒を同じ時に飲むこと

いろいろなカテゴリのお酒を同じ時に飲むこと

いろいろなカテゴリのお酒を同じ時に飲むことをちゃんぽんと言います。

なのでちゃんぽんしてお酒を飲むというのは、簡単に言えば「いろいろなカテゴリのお酒を飲んでいく」という事になるのです。

例えばですが、カクテルというのはカシスオレンジであったり、カルーアミルクというようなものがありますが、そのカクテルの種類を様々飲んでいる、というようなものではなく、カクテルとビールとワイン、というようなお酒のカテゴリの種類、いわゆる同じ系統でないもののお酒を飲んでいくというようなことをちゃんぽんと言います。

先ほど説明をしたように、ビールを飲んでカクテルを飲んでワインを飲むというような人もいますが、それは飲み放題というものがあるからですよね。

基本的にその様な環境で飲むことが多いという人はどうしてもちゃんぽんをしてしまう可能性が高くなってしまうのです。

この様なお酒の飲み方をちゃんぽんと言いますが、語源はどの様なところからきているのでしょうか?食べるちゃんぽんからきているという事では無さそうですよね。

どの様なところからきているのか詳しく見てみたいと思います。

語源

ちゃんぽんの語源というのは元々楽器の音が混ざり合ったというようなものと、中国などでは「混ぜる」というような意味があるため「ちゃんぽん」という風に言われています。

料理などでもありますが、基本的にはちゃんぽんという言葉の意味というのは「混ぜる」というような意味が強いのではないかと思います。

楽器の音「ちゃん」と「ぽん」が混ざり合った合奏

楽器の音で「ちゃん」となる鉦の音と「ぽん」となる鼓の音の擬音でもあり、江戸時代の造語としても言われています。

中国では「混ぜる」という意味がある

中国では「混ぜる」という意味があるというのもちゃんぽんの語源です。

もともと「ちゃんぽん」という字を漢字にすると「攙烹」という風に書くのですが、「攙」という意味に様々なものを混ぜるという意味がきており、「烹」の場合は油や調味料を使用して煮るという料理法というような意味もあったそうです。

今回の場合はお酒の意味なのですが、このちゃんぽんの「混ぜる」というような意味から多くきているのではないかと思います。

ちゃんぽんという飲み方

ではそんなちゃんぽんですが、飲み方というのはどの様な飲み方を言うのでしょうか?これは先ほどから説明をしている通り、ちゃんぽんというのは異なる種類のものを飲むというような飲み方を言います。

よくお酒の強い人などがビールを飲んだ後に日本酒を飲んでワインを飲むというような事もあると思いますが、基本的にいろいろな種類のお酒を飲んでいる人というのはまさにちゃんぽんな飲み方を常にしているという事になります。

異なる種類のものを飲む

異なる種類といってもカクテルの中の異なる種類というようなものではありません。

カシスオレンジとカルーアミルクというのはベースが違うかもしれませんが、カクテルという1種の飲み物ですよね。

味や見た目などは違うかもしれませんが「お酒の種類」を異なる種類のものを飲むという考え方をすると良いかもしれません。

よく様々なお酒を飲んでいて「ちゃんぽんした」という人がカクテルの様々な種類を飲んでその様に言っている人が多いですが、それは「ちゃんぽん」という事ではないということです。

また、ちゃんぽんをしている時に酔ってしまうというような人も多いですが、それには理由もあるので、きちんと対策をする必要があるでしょう。

ビール、日本酒、ワインといったようにいろいろな組み合わせで混ぜて飲むこと

ビール、日本酒、ワインといったようにいろいろな組み合わせで混ぜて飲むこと

ビール、日本酒、ワインといったいろいろな組み合わせで混ぜて飲むことを言います。

この混ぜて飲むというのは、カクテルやビールを一緒に混ぜて飲むというような事ではないという事を覚えておいてください。

簡単に言えばビールを飲んで、次にカクテルを1,2杯飲んだ後に日本酒を飲んでワインを飲むといった様々な種類のお酒に変えて、その時間の間に飲んでいるというようなものをちゃんぽんと言うのです。

なので先ほど語源で「混ぜる」というような意味が強いとお話しをしましたが、ビールや日本酒などを決して混ぜて飲むのではなく、飲んでいる時間の間に、様々なお酒を頼んで飲んだりするというようなことをちゃんぽんというのです。

よく間違える人も多いので注意をするようにしましょう!

ベースや製造法が異なる種類だと悪いちゃんぽんに当たる

ベースや製造法が異なる種類だと悪いちゃんぽんに当たることもあります。

どんなにお酒が強いと言っている人でも本当に強い人と、時には酔ってしまうような人っていますよね。

その酔ってしまうような人というのは普段は強いけど今日だけ酔っていたという可能性もあると思います。

その原因というのはお店などによってはベースや製造法が異なるような場所もあるからなのです。

簡単に言えばカクテルなどのようなものというのは、何対何の割合でカクテルを作りますが、その割合が偏ってしまうとどうしても薄くなっていたり、逆に強くなっていたりすることも多くあるのではないかと思います。

特に居酒屋でよくあるのは、カクテルやサワーの場合は最初はジュース感覚だったけれど底の方に貯まっていたなんていうような経験はありませんか?

その様な時というのは最後に飲んでいきなり強いようなものがきたりしますよね。

その様な状態のものが多い場所であったり、少し割合が違うというようなものでも悪いちゃんぽんに当たる可能性が高いです。

よくちゃんぽんをして酔う人と酔わない人といますが、その日の体調であったり、どれだけ疲れているかということでも関わってくるので十分に注意をするようにしましょう。

ちゃんぽんしてお酒を飲むと悪酔い・二日酔いする3個の理由

ではそんなちゃんぽんをしてしまって、何時もは酔わないのにいきなり酔ってしまったという人や悪い酔い、二日酔いをしてしまったという人は多くいるのではないかと思います。

普段は無かったのに珍しく酔ってしまったという人も多く、それ以降セーブをして飲んでいるというような人もいるのではないでしょうか?

そんなちゃんぽんしてお酒を飲むと悪酔いや二日酔いをするというのは理由があるのです。

例えばアルコールをどれだけ摂っていたのか、いわゆるどれだけ飲んでいたのかというような分かりにくくなっていたり、ジュースのように飲み干してしまうというような人もいるでしょう。

またアルコール度数の変化に対応をすることができないというような人もいると思います。

必ず二日酔いなどをするという事は、ちゃんぽんを普通にしたからなのではなく、様々な理由があがるのではないかと思います。

医学的根拠というものはありませんが、皆さんが普段酔っているときというのは体感で分かるものが多いのではないでしょうか?

ではどの様なものが原因だったのか詳しく見てみたいと思います。

1.自分が摂ったアルコール量がわかりにくくなる

自分が摂ったアルコール量がわかりにくくなるというのが1つあるでしょう。

例えばお酒というのは飲んでしまうと気分がのってしまいどんどん次も飲みたくなるというような人も多いですよね。

その際にいかに自分がどれだけ飲んでいるのかわからなくなるというような事はありませんか?

よく酔っている人というのは多く飲むと「大丈夫だから飲む」というような形で飲んでしまう人が多いです。

しかしながら自分が摂ったアルコール量が分かりにくくなるので、適量を超えてしまう可能性があるのではないでしょうか?

いろいろな種類のお酒を飲みすぎやすい

いろいろな種類のお酒を飲みすぎやすいというのが原因の1つです。

例えばビールとカクテルばかり飲んでいるというような人はそれほど悪酔いをするというような事がありませんが、ビールにカクテルに日本酒というような様々な種類のお酒が好きでつい飲んでしまうというような人は多くいませんか?

自分にあった量を飲むというのが大事ですが、いろいろな種類を飲んでしまうという事に原因があるのではないかと思います。

特によくちゃんぽんをする人というのはいきなりビールからワインにいって、その後に日本酒というようなどんどん度数の高いものや低いものというものを交互に飲んでしまうので酔ってしまう傾向があるのです。

適量を超えてのんでしまう

適量を超えて飲んでしまうというような事もあるでしょう。

例えば適量を超えるということは、自分にあった量を超えてしまうという事です。

人によってはお酒に弱い人と強い人といますが、お酒が弱い人というのは一口飲んだだけでも赤くなってしまい酔ってしまう傾向があります。

逆にお酒が強い人というのは基本的に何杯飲んでも顔色が変わらないというような事があるでしょう。

適量を超えて飲んでしまうと、顔色には出ないものの、酔っているというような感覚が外見からでは判断がつかないです。

いきなり悪酔いをしたような状態であったりすると周りが直ぐに気付くというような事がありますが、それまで飲み続けるといったこともあるのが原因なのかもしれません。

2.ジュースのように飲み干してしまう

ジュースのように飲み干してしまう人もいますよね。

特にカクテル系などというのは度数などがあまり感じないジュースのような感覚なので、誰でも好きに飲むことができるでしょう。

お酒というのは種類によっては匂いの強いものや、様々なものがあると思いますが、悪酔いや二日酔いという原因の1つにはゴクゴクと飲み干しては次を飲むというような事が原因にもなっています。

二日酔いなどをしてしまうという人、いつも以上に飲んでいたりしませんか?ジュース感覚で飲んでしまうとどうしてもその分アルコールの分解なども遅く、酔いが早くなってしまいます。

特にちゃんぽんをしてしまう人というのは基本的に様々な種類をジュース感覚のように飲み干してしまう傾向があるのではないでしょうか?

, , ,

記事:https://www.jkon.com